若者の諸君!データの転送方法はマナーを守って送ろう!そのマナーとは?

大容量のデーターをメール添付で送れば何が起きる

スマホ慣れしている方の中には、PCに疎く会社に入社をしてからPCを初めて触る人もいるでしょう。画像の添付や、テキストファイルの添付は、簡単に行えるため、それに慣れてしまう可能性もありますよ。外出先で、上司の方から撮影をした動画を会社に引き渡しておいてと言われるかもしれませんよね。この様な場合、メールを使って添付ファイルとして送信をすれば、誰だこんな方法で送り込んで来たのはと、怒られてしまいますよ。メール添付で転送すれば、メールサーバーに収まりきれなくなり、エラーになってしまうリスクがあります。自社の会社内であれば、問題は起きにくいですが、他社に送ってしまえば、本人のみならず会社の教育内容や資質を問わられてしまう問題まで発展してしまうかもしれませんよ。

ではどの様にデータを送れば良いのか

映像などの大容量のデータを転送する場合は、一度専用のサーバーにアップロードしておく事がマナーの一つですよ。このサーバーはインターネットに繋がっているサーバーが望ましく、インターネットと繋がっているどの端末からでもダウンロードを行う事が可能になります。自社のサーバーを扱っている企業の中には、外部からのアクセスを禁止している事もありますよね。もちろん、その様なサーバーに大容量のデータをアップロードした場合は、社内でしかダウンロードする事が出来なくなりますよ。この様なサーバーに対する知識についても学び備えておく事が大切と言えますよね。

サーバーにアップロードしただけでは引き渡せない

当たり前の話しですが、サーバーにアップロードしただけでは引き渡す相手に大容量のデータを引き渡す事が出来ませんよ。メールを使って、アップロードを行なったアドレスを伝える必要性があります。ここで注意ポイントがあり、無料で提供されている大容量転送サービスなどは、ダウンロードを行う期限を設けている事が一般的ですよ。この期限を伝えていなければ、サーバーにデータが残っていると勘違いをされ、いつでもダウンロードが出来ると判断をされてしまう可能性があります。アップロードを行うための大容量のデータとアップロードを行なった大容量のデータが削除してしまえば、大容量のデータを失う事になるため注意が必要と言えるでしょう。

大容量ファイルはMB(メガバイト)を超えるGB(ギガバイト)やTB(テラバイト)を超えるファイルのことをいいます。